私的巡礼の記録〜蒲原三十三番霊場の旅〜

第二番・観音寺〔KANNONJI〕

草水を わけてたずねる 月かげの 観音寺裏の かねのひとこえ
(くそうずを わけてたずねる つきかげの かんのんじりの かねのひとこえ)

観音寺御朱印・2009年4月1日撮影観音寺・2009年4月1日撮影
・山門は鐘楼堂も兼ねていて立派な作りである。名前のとおり、御本尊が観音様である。こちらの観音様も行基菩薩の御作と言われており、縁日は4月と8月の17、18日。境内には銀杏の大木が多数あり、『心』の文字を型取った池がある。
上杉謙信公の守本尊として名高い御丈1尺3寸の不動明王があり、特に難病退散の御利益があるとのことである。
【聖籠山 宝積院発行・蒲原三十三観音霊場めぐり−より一部抜粋】
【詳細な地図】
《戻る》 《一覧へ》 《進む》