私的巡礼の記録〜蒲原三十三番霊場の旅〜

第十七番・西福寺〔SAIFUKUJI〕

玉木はる 其のうき時を いのるにぞ 西をしる辺に 参る寺かな
(たまきはる そのうきときを いのるにぞ にしをしるべに まいるてらかな)

西福寺御朱印・2009年5月20日撮影
西福寺・2009年5月20日撮影西福寺聖観世音菩薩立像・2009年5月20日撮影
・水原駅のすぐ近くにある。境内には大きな白衣観世音菩薩がお奉りされている。他にも蒲原三十三観音や会津ころり観音も写し佛が並んでいるが、これらは全て檀家の方やその他の参拝者の方が進んで寄贈されたものだそうだ。また、御住職は蒲原だけでなく、西国や坂東などの札所をそれらの方々と一緒に何度も廻っているのだそうだ。天文13年(1544)、京ヶ瀬村小河原から当地に移転してきて、その時に現在の山号寺号ができている。
【聖籠山 宝積院発行・蒲原三十三観音霊場めぐり−より一部抜粋】
【詳細な地図】
《戻る》 《一覧へ》 《進む》