私的巡礼の記録〜妻在百三十三番霊場の旅〜

第二番・水月庵(水月寺)〔SUIGETSUAN (SUIGETSUJI)〕

霞晴 水も波風治まりて 月澄渡る 中沢の庵
(かすみはれ みづもなみかぜおさまりて つきすみはたる なかざわのいお)

水月寺・2008年3月18日撮影十一面観世音菩薩
・一番札所・智泉寺の斜向かいにあるお寺で昭和17年に水月庵から現在の水月寺へと改称しました。真裏に駐車場と庫裡の入り口があります。本尊の十一面観世音菩薩は昔、長雨を止め、近郊に豊作をもたらしたとして“日和乞い観世音”と呼ばれ信仰を集めた。また、御姿を門戸に貼れば火災を免れるとされ、他にも眼病平癒の御利益があると言われている。
【曹洞宗青年僧侶の会発行・妻有の百三十三番−ふる里の霊場めぐり−より一部抜粋】
【詳細な地図】
《戻る》 《一覧へ》 《進む》