私的巡礼の記録〜妻在百三十三番霊場の旅〜

第五番・古寺沢(正念寺)〔KODERASAWA(SYOUNENJI)〕

月影の 諏訪の山邊に 澄登 蛍消行 古寺の澤
(つきかげの すわのやまべに すみのぼり ほたるきえゆく ふるでらのさは)

正念寺・2008年3月17日撮影観世音菩薩
・117号沿いにあるAコープの真裏なのでわかりやすい。門の前に駐車場もあるので利用できる。観音様は珍しく本尊様と向かい合わせの位置に奉られている。つまり、観音様にお参りするときは自然と本尊様に尻を向けてしまう格好であるので、失礼の無いようにまずは本尊様に一礼しておこう。明治25年と33年の大火で寺は焼失してしまい、現在の建物はその後の建立である。
【曹洞宗青年僧侶の会発行・妻有の百三十三番−ふる里の霊場めぐり−より一部抜粋】
【詳細な地図】
《戻る》 《一覧へ》 《進む》