私的巡礼の記録〜妻在百三十三番霊場の旅〜

第十五番・長里〔NAGASATO〕

春暮れて 梅も桜も 散行ど 独深山の 花の長里
(はるくれて うめもさくらも ちりゆけど ひとりみやまの はなのながさと)

長里・2008年4月4日撮影如意輪観世音菩薩
・国道253号線で椌木集落への入り口を過ぎて、更に六日町方面へ進むと右側に小さな橋がある。これが長里橋なのだが、小さな橋なので見落とさないように注意しよう。国道253号線を進んでスノーシェッドに入ったら行き過ぎなのですぐに引き返そう。さて、長里橋を渡ってしばらく山を登っていくと長里集落である。観音堂は集落の入り口にあるからすぐに見つかるだろう。この観音様は耳を患った人が笠やお椀の蓋などを捧げてお参りすると治るといわれ、格子にいくつものお椀の蓋が結びつけられている。
【曹洞宗青年僧侶の会発行・妻有の百三十三番−ふる里の霊場めぐり−より一部抜粋】
【詳細な地図】
《戻る》 《一覧へ》 《進む》