私的巡礼の記録〜妻在百三十三番霊場の旅〜

第二十二番・塚原〔TSUKAHARA〕

無人の 印を尋ぬ 塚原の 草場の露や 涙なるらん
(なきひとの しるしをたづぬ つかはらの くさばのつゆや なみだなるらん)

塚原・2008年4月4日撮影千手観世音菩薩
・国道117号線の川治下町の信号を信濃川方向に曲がり、踏切を越えると右側に慈光保育園、更にその並びにコーポ徳永がある。このアパートの次の角を右折すると観音堂が見える。細い道なので見落とさないように注意が必要である。鍵は周辺の方が管理しているのでまずは近所のお宅に尋ねよう。堂内には簡素な造りの千手観世音菩薩が奉られ、北新田地区人々によってお守りされている。
【曹洞宗青年僧侶の会発行・妻有の百三十三番−ふる里の霊場めぐり−より一部抜粋】
【詳細な地図】
《戻る》 《一覧へ》 《進む》