私的巡礼の記録〜妻在百三十三番霊場の旅〜

第四十三番・堂平〔DOUDAIRA〕

朝日さし 夕日かがやく 堂平 霧も霞も はるる山風
(あさひさし ゆふひかがやく どうだいら きりもかすみも はるるやまかぜ)

堂平・2008年6月20日撮影聖観世音菩薩
・国道117号線から上段の交差点を県道482号線に曲がってグリーンピア津南を目指す。県道に入って最初の集落が堂平である。所平方面の案内標識が出ているのでそこを左折して集落の中に入ると、保育園の裏手に小さなお堂がある。観音開きの御堂には鍵はかけられていない。明治時代までは、大人も子供も泊まりがけで百万遍を行っていたそうである。
【曹洞宗青年僧侶の会発行・妻有の百三十三番−ふる里の霊場めぐり−より一部抜粋】
【詳細な地図】
《戻る》 《一覧へ》 《進む》