私的巡礼の記録〜妻在百三十三番霊場の旅〜

第四十九番・大龍院〔DAIRYUUIN〕

大竜の 一味の雨は 何不別て 葉に随えて おける露かな
(だいりうの いちみのあめは おしなべて はにしたがへて おけるつゆかな)

大龍院・2008年6月20日撮影聖観世音菩薩
・龍源寺と同じ街道沿いにあるので次の札所も含めて同じ日に廻っておきたい。船山集落を先へ進むと津南町民俗資料館がある。これは国道からも案内が出ているので行きやすいだろう。大龍院はそのすぐ近くである。観音様はこの寺の本尊様なので、お庫裡でお願いしてからお参りさせていただこう。ここは津南町一歴史の古いお寺で、末寺末庵も多い。本尊様の聖観世音菩薩は法界定印を組んだ珍しい仏像である。
【曹洞宗青年僧侶の会発行・妻有の百三十三番−ふる里の霊場めぐり−より一部抜粋】
【詳細な地図】
《戻る》 《一覧へ》 《進む》