私的巡礼の記録〜妻在百三十三番霊場の旅〜

第八十二番・慈眼寺〔JIGENJI〕

もろこしに 長き齢を 保しも 慈眼福聚の 菊の下露
(もろこしに ながきよわいを たもちしも じげんふくじゅの きくのしたつゆ)

慈眼寺・2008年8月20日撮影聖観世音菩薩
・第八十一番札所・堀之内からは近い。阿弥陀堂を出て県道49号線を十日町方面に進むと集落の左奥の山際に大きなお寺がある。本尊の聖観音菩薩座像の脇侍は行の普賢菩薩、智の文殊菩薩である。どれも見事な仏像なので一度は見ておきたい。この寺は堀之内の西方、城山に居城した上杉景勝の家臣、倉俣主膳正が開基となっている。高台となっている境内を数本の桜が囲み、春になると大変素晴らしい景観を見せてくれる。
【曹洞宗青年僧侶の会発行・妻有の百三十三番−ふる里の霊場めぐり−より一部抜粋】
【詳細な地図】
《戻る》 《一覧へ》 《進む》