私的巡礼の記録〜妻在百三十三番霊場の旅〜

第百十二番・岩澤(不動寺)〔IWASAWA(HUDOUJI)〕

細石 苔のむすまで 岩沢に つなぎて留よ 法の御船を
(さざれいし こけのむすまで いわさはに つなぎてとめよ のりのみふねを)

岩澤(不動寺不動堂)・2008年9月24日撮影如意輪観世音菩薩
・国道117号線沿いにある岩沢郵便局のほぼ真裏にある。郵便局のすぐ近くに押しボタン式の信号があるのでそこから山側に入ればすぐである。この不動寺の不動堂は越後新四国の第七十五番札所にもなっているので御朱印代は300円と決まっているので、御朱印を頂戴する際には気をつけよう。お堂は正面に御厨子に入って不動明王が安置されている。これが新四国の霊場佛であるが、この不動明王から向かって右奥に如意輪観音が妻在百三十三番の霊場佛として安置されている。不動寺の不動堂は元々茅葺きの屋根であったが、平成20年に葺き替え工事を行い、現在に至っている。
【曹洞宗青年僧侶の会発行・妻有の百三十三番−ふる里の霊場めぐり−より一部抜粋】
【詳細な地図】
《戻る》 《一覧へ》 《進む》