私的巡礼の記録〜妻在百三十三番霊場の旅〜

第百二十三番・反目〔SORIME〕

吾姿 剃目のみえぬ 着藻髪 心の内の 圓なれかし
(わがすがた そりめのみえぬ つくもがみ こころのうちの まるくなれかし)

反目・2008年10月07日撮影聖観世音菩薩
・位置的には原村の札所の更に山を登った所である。国道117号線からは上新田第四地内にヤンマーの農機具販売店があり、その近くに時差式の信号がある。その信号を山手の方へ入り、最初のT字路を左折、すぐにある酒屋さん(おごせ酒店)の手前を更に山手に入って道なりに進み、十字路を左折すると一番山の際を走る道路へ出る。そこを左折して突き当たりまで行けば立派な御堂が見付けられる。元はこの山の上にあったのだが、老朽化に伴い、管理もしやすいように集落の中へ新しく再建したのである。御堂の中には素朴な造りの観音様が安置されている。他にも立派な御前立の仏像があったというが、残念ながら今は失われている。
【曹洞宗青年僧侶の会発行・妻有の百三十三番−ふる里の霊場めぐり−より一部抜粋】
【詳細な地図】
《戻る》 《一覧へ》 《進む》