私的巡礼の記録〜妻在百三十三番霊場の旅〜

第百三十番・圓通寺〔ENTSUUJI〕

昔日も 幾世経ぬらん 圓通寺 吾聖徳太子の 御名を留めて
(そのかみも いくよへぬらん ゑんつうじ わがおおきみの みなをとどめて)

圓通寺・2008年10月08日撮影聖徳太子坐像
・長泉禅寺のご近所である。長泉寺から県道461号線を小千谷方向に少しだけ進むと圓通寺がある。国道からも中条保育園を尋ねれば良い。駐車場は共通なのである。ここは聖徳太子が本尊様であり、御詠歌にもその名が謳われている。ところが、この寺は寛延3年(1750年)に全山焼失しており、その後3回の移築が行われている為、現在の御本尊様が実際の霊場佛であるかどうかがわからなくなっているそうである。他にも大きな観音様等が祀られている。特に位牌堂の聖観音様は色彩も美しく一度拝してみる価値はある。
【曹洞宗青年僧侶の会発行・妻有の百三十三番−ふる里の霊場めぐり−より一部抜粋】
【詳細な地図】
《戻る》 《一覧へ》 《進む》